スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エンダーのゲーム」観たわ~(ネタバレなし)

観ました!
「エンダーのゲーム」
面白かった!!


原作は、
現在、13作目まで出版されているアメリカでは大人気の小説で
作者は、オースン スコット カード。


enders game images


親子で観ても楽しいです♪
原作を知らなくても
ゲーム世代の子どもは
画面を観てるだけでも面白いと思います。


ま、親目線(おかん目線)で観ると・・・

ものすごーーーーーーく
切ないし、
「大人ってやっぱり最低ねっ」(お前もな)って
どんよりするんで
そのへんは要注意なんでございますよ。



主役のエンダーを演じたエイサ バターフィールドは
前作の
「ヒューゴの不思議な発明」の時と比べると
「誰やねん」と思わずツッコんじゃった程に
全くの別人
驚きました。


つる~んとした キレイな顔。
表情に乏しく、
冷たい青色の瞳に(眼光鋭いんだってば)
血の気のない顔。

ガリガリに痩せていて いかにも神経質そう。

endersgame
 んでもって スポーツ刈りです。



天才故に
どこに行っても妬まれて 嫌われるエンダー。

行く先々で
お友達が全くできないどころか
フルボッコにされかけたり。


そんなエンダーが ものすごく不憫で
どうなる事やらと 観ていてハラハラしまくりました。


逆境の中
天才エンダーは 
「地球を救う」という彼の宿命を
見事、果たす事が出来るのでしょうか!?

それは 観てのお楽しみ♪


私、こーゆー路線 大好きなんです☆
若い頃から好きだったけど
年取った今
オカンの目線で観ると また違った楽しみがあって
さらに好き!!
一種の「学園もの」?的な♪
青春ストーリー♪
(注:本作は学園ものではありません☆)

ぜひ 劇場でご覧あれ♪

と いいながらも やはり、
長編小説を
がんばって「2時間の映画にしました」感は拭えない。
よって
説明不足もたくさん。

日本語版の映画予告編が
しつこいぐらい説明交じりに作られていたのは 
このせいだったのね、と。
せめてもの 予備知識 的な感じだよね。


原作を読んでいない私。
当然、劇中「???」な部分が結構あって
家に帰ってから調べて
「あ、なるほどねー」と納得したけど・・・

そういう人 多いよね?(笑)

まず、映画では
「サード(第3子)」の意味が うまく説明できていなかったし。

って事は
何故エンダーがあんなに
ムッチャ天才なのか、とか
いちいち「サードなんだから・・・」
って言われてる理由が
わかんないよね?

エンダーの兄ピーターが
なぜ あんなにも やさぐれているのか
も、
サードの意味を知れば 納得できる。うんうん。


この映画
本国アメリカでも
ランキングでは上位に上がってこなかったけど
私は大好き!!
続編が観たい☆

↓アフターパーティでの出演者♪
Asa+Butterfield+Ender+Gamel.jpg

アビゲイル ブレスリンは さすがの貫録☆

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まっつーWD

Author:まっつーWD
RATTのWarren Demartiniを想い続けて○○年。Warrenに会える日をしつこく妄想し続ける主婦。家事、育児、仕事、どれをとっても残念な仕上がり。ママ友ランチは修行の場。


(近況)
ビールが美味しい季節です

⇒プロフィールはコチラ☆

FC2カウンター
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2拍手記事別ランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。