映画「TRON LEGACY」

観て来ましたよ
「トロン・レガシー」。

ずっと公開を待っていました。

で、面白かった!!

こう言うの大好き。


主人公サムが迷い込むコンピューターワールドは
青・黒・白を基調とした
不思議な世界。
まず 
この 画面の色味が
すごくキレイなんですねー。

私は 座席のセレクトミスで
どえらい後ろで観てしまったもんで
3D効果は やや半減しちゃいましたが
前方の真ん中あたりで観賞すると
観ている自分も トロン・ワールドにいるような気分が味わえる事でしょう。

音楽もいい。
ダフト・パンク。
エレクトロニックアーティストらしいです。
すごく
トロンにマッチしていていいです。
何曲かありますが
私は ライトサイクルと言うバイクのレースシーンで使われていた曲が
一番好きです。

音楽といえば
挿入歌で
ジャーニーの「Separate Ways」も流れます。
とんでもなく懐かしいです。
スティーブ・ペリーの あの顔が脳裏に浮かんで
笑ってしまいました。

んでキャスト。
主人公サムも 男前なのですが
この映画の注目は やはり
80年代に一斉を風靡した映画
元祖「トロン」の主役であり
今作品で サムの父親ケヴィンを演じた
ジェフ・ブリッジスですね。
渋い・・・。
いい感じで歳とってますよ。
数十年後のリメイクに 再び出演。
こーゆーのって
俳優の醍醐味なんでしょうなあ・・・

で、恒例の(?)ツッコミどころですが
満載ですよ・・・・・

まず
無理やり入れてる「和」テイスト。

サムのパパ ケヴィンの服ですが
襟元だけ 着物の形の「洋服」。
ん?何それ?
真っ白だし・・・・・黒い帯とか締めたら まんま空手着ですよ。
ってゆうか
無地の甚平にも見える。

んで パパケヴィンってば
サムと大事な話してんのに
「瞑想の時間だ・・・・・」と言って
そのへんで 座禅組んじゃいます

コンピューターの世界だけあって
パパケヴィンのおうちも
超 宇宙的です。
そこで座禅
どうしても そーゆーの挿入したかったんだろうけど
瞑想して 何かどうなったと言う訳でもないので
特にいらないかもね。

んで
サムを助ける美女クオラ。
すごーーーーーく美しいです
もー見とれちゃう。ファンになりました!!

クオラは
人の形をしたプログラムなのですが
なんだかこのクオラ
あまりにもスタイルが良すぎて人工っぽくないのです。
妙に生々しいので。

対する コロシアムナビゲーションのジェムは
無機質な感じの美しさで(最初CGかと思った)
人間離れしている為 違和感ないのですが
このクオラは ちょっとなあ。
でも 背も高くてスタイル抜群 
クオラを演じた オリヴィア・ワイルドに これから注目したいです。


この「トロン・レガシー」。
3D上映のみ って言うのが 唯一の不満。
2Dでも上映して欲しいな。。。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

まっつーWD

Author:まっつーWD
RATTのWarren Demartiniを想い続けて○○年。Warrenに会える日をしつこく妄想し続ける主婦。家事、育児、仕事、どれをとっても残念な仕上がり。ママ友ランチは修行の場。


(近況)
ビールが美味しい季節です

⇒プロフィールはコチラ☆

FC2カウンター
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2拍手記事別ランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR