スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママ・ルディにオカン完敗「ANY DAY NOW」(チョコレートドーナツ)ネタバレなし

観ました。
「ANY DAY NOW」(チョコレートドーナツ)

ルディ&ポールのゲイカップルと息子マルコの家族のストーリー。


私がこの映画を観たのは
大好きなLilicoさんが王様のブランチでお勧めしていたから。
(どんだけLilicoさん好きなんだ私。単純すぎるやろ)

期待していた分
ちょっと・・・と戸惑うシーンも多かった この映画。
薬物、偏見、差別、無関心。
ルディ達のすることなすこと全てがうまく運ばず
裏切られ
誰にも助けてもらえず
追い詰められてゆく3人。

法廷シーンの最後で
ポールがマルコの処遇について言った言葉は
胸を打ちました。

そうか
実際そうなんだろうな
私なんかには想像もつかない世界があって
そこで閉じ込められて一生を過ごす
そんな子ども達がいるんだ
って。


もし自分だったら?
マルコの隣人がルディじゃなくて私だったら?
と 考え込んでしまった。


いろいろ書きたいんだけどネタバレしたくないのでこのへんで。。。

ただひとつ
言いたいのは

主人公のルディがママとして素晴らしい!
という事なの。
マルコを心から愛していて
大切に大切に育てるんだよね

ショウダンサーのルディは
マルコに宿題を教えていてギリギリセーフで職場入りしちゃったするけど
育児と仕事を立派に両立。
んでドーナツ大好きなマルコに
「ドーナツなんて太るしニキビができるのよ」って真顔で美容アドバイス。

わたしも最初は
ルディの事
「ヒゲ、濃すぎやろ。あと腕毛きっつぃわ。」なんて思いながら観ていたのに
終盤になると
ママ・ルディの輝く美しさ(見慣れたのか!?)
         & マルコへの深い愛に脱帽

母の鑑じゃないの!!

そうです
まさにオカンとして、ルディに完敗

すっごい重苦しいストーリーに加え
ママ・ルディへの敗北感に打ちひしがれながらシアターを後にした私です。

そうそう!!
いちばん期待していた ルディ熱唱のシーン
本当に素晴らしかったです
ストーリーでは涙は出ませんでしたが
この ルディのステージのシーンは あまりの感動で泣きました。

この映画は賛否両論あると思うし
軽い気持ちで誰かに勧める事もできない。
「もう一回観たいな♪」とも思わないけど
私の心の中に
ずしーんと沈み込んで動かない
そんな一本になりました。


関連記事
スポンサーサイト
プロフィール

まっつーWD

Author:まっつーWD
RATTのWarren Demartiniを想い続けて○○年。Warrenに会える日をしつこく妄想し続ける主婦。家事、育児、仕事、どれをとっても残念な仕上がり。ママ友ランチは修行の場。


(近況)
ビールが美味しい季節です

⇒プロフィールはコチラ☆

FC2カウンター
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2拍手記事別ランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。