おかんの勤め(?)苦行のママ友ランチ

秋です
スポーツの秋
文化の秋 等々と言われるだけあって
いろんな行事が目白押し。
運動会
文化祭
作品展
合唱祭など

学校へ赴く事が多いこの季節。
学校へ行くのは楽しみなんだけど
頭が痛いのはやっぱり
アフターのママ達とのランチ。
行事の数日前から、ガッチリと予定を組まされて
「お店に予約いれてあるからね」
なんて言われて
もー断れない。



日頃から何かと理由を作っては
お誘いを断っている私。

ママ達とのランチって すごく苦手なんです。
長いんだもん。

はー
ため息。



でもでも!
学校での情報も仕入れたいし!!

情報収集と思って
苦手を押して ときどき参加しています


学校の情報を持っているのは
やはり女子ママ。

女の子って、学校から帰るなり
その日の出来事や噂話、先生の様子などの
マシンガントーク(らしい)
「娘が帰ってくると話が止まらなくてうるさいのよね」
って
女子ママはみんな言うけど

すごく羨ましい。

メンズは学校から家に帰ると
学校での出来事を忘れるらしい。
(確かに、そんな気がする)
学校での事なんて滅多に話してくれない。

そんな
学校の情報を一切知らない男子ママ的には
女子ママ は何ともありがたい「貴重な情報源」。
幸いにも私には
女子ママ友達が結構多いので
存分に活用させてもらってる。

だからランチも
がんばらなきゃ!!って思うんだけど
ランチから帰ると
げっそり疲れちゃって・・・
仕事から帰ってきた時のほうが断然元気です(苦笑)

たとえオシャレな店でのランチでも
ものすごい食べるの速いし私・・・
「すごい速いね」ってよく言われる

先日などは
なんと
ランチで3時間も喋ってたけど・・・
ママ達の話は途切れる瞬間すらないし ホントに次から次へと(汗)



行事の日は仕事の休みをもらっているから
本当は 
色々な用事も済ませたりしたいところだけど
ママ友とのランチは
情報収集に勤しむ絶好のチャンス。
苦手意識を持たずに精々がんばらないと(汗)まだまだ行事残ってるから!!
それに誘ってもらえて喜ばなきゃね!!

ちなみに先日の「3時間ランチ」の時は
情報を有難く仕入れつつも

「上司にするなら
 ギデオンとロッシ
 どっちがエエかな・・・」

と ずーーーーーーーーっと考えてました。(笑)

gideon 2

criminal rossi
どっちもエエな…

(日頃からこんな事ばかり考えてるから話題がかみ合わないんだってば!)

@クリミナルマインド♪
スポンサーサイト

ブランド詐欺

今朝のとくダネで
ブランド詐欺のトピックスが取り上げられていて
とっても興味深かった。

被害者は
エルメスのバーキンが50万円で手に入ると持ちかけられ
お金を預けてしまった主婦たち。
預けた先は
主婦たちの子どもが通う幼稚園のママ。
そう
犯人はママ友。

エルメスのバーキンといえば
数百万するもの。
50万で手に入るなんてそんな上手い話あるわけないし
まず「50万」自体 すごい大金ですけど!!

どうやら舞台となった幼稚園は富裕層の子どもが通う
地元では有名な園で
当然ママ達もお金に余裕のあるセレブ達。

「断りにくかった」って言うのが一番の理由だった。
やっぱりねえ。

むつかしいんだよねママ友とのお付き合いって。
特に幼稚園のうちは。

子どもを遊ばせるのも
ママ同伴なんだもの。
ママである自分が輪から外れちゃったら
子ども達も 遊ぶお友達がいなくなっちゃう。
それって子どもがかわいそう。
自分がガマンすればそれでいいんだし。。。ってのがママの気持ち。

だけど
それって主に降園後の話じゃない?
幼稚園にいる時間は 子どもは意外と自由に誰とでも遊んでるもんなんだよね。
ママ同士のしがらみって
子どもの世界のそれとはだいぶ違うみたい・・・なのにママは子どもの事で頭がいっぱいになっちゃうから
自分が輪から外れちゃいけないってついつい必死に。

わかるけど。


無理して合わせなくてもいい。
違うと思ったら
付き合わなくていいじゃん。

たとえ園から帰ってきて遊ぶお友達がいなくても
ママがいるんだし。


ちょっとめんどくさいけど
ママ&子どもで一緒にお菓子作ったり
たまには少し離れた公園に行くのもお奨め。
だって近所の公園に行ったってどうせ1人なんだもん(これ、まさにうちの場合です)
だったらどこでも一緒。
顔見知りにびくびくしなくていいぶん 遠くの公園の方が気が楽。
空いた時間で 習い事を始めるのもいいし
いくらだって過ごし方があるんだよね。

rickey and twins
「ママ」でもないけど 
リッキー マーティンと子ども達☆



小学校に上がってしまったら
幼稚園での繋がりは意外と薄れるものです。
新しい世界が待ってる。
ママ友ワールドに縛られないで。
幼稚園のうちに 親子で想い出たくさん作っておこう♪

詮索する人

テレ朝の深夜番組
「マツコ有吉の怒り新党」は
世間の怒ってる人からの投稿を紹介する番組。

毎週観てます。

ちょっと前の放送で
「人の事を詮索する人に怒りを覚える」
と言う投稿がありましたが
熱く同感です。


狭~~~~い ママ友ワールドに生きてると
こーゆータイプの人が多くて 驚いてしまう。

初対面なのに
うちの家族構成から始まって
私の出身地から実家の場所やら兄弟の数から仕事やら・・・
一方的に質問責め。

もっと図々しい人になると 旦那の事まで聞いて来る。
旦那さんは長男?とか
ご両親はご健在なの?とか
お仕事は何されてるの?とか


一番イヤなのが血液型。

絶 対 に 答 え ま せ ん 。

うちの家族全員の血液型を まとめて聞かれた事もあり。



一体 何の目的があって
そこまで聞いてくるんだろう?

あたしみたいなオバサン捕まえて
そこまでリサーチしてどうしたいんだろ?

あ、
ひょっとして 
あたしと どうにかなりたい訳?
(そんな訳ないだろう)

ま、単に噂話のネタですよね。うんうん間違いない。



ま、とにかく やめて欲しいです。

私自身 
ママさん達のプライベートに
関心がないし 自分の事も あれこれ話す気ナシ。


とはいえ これも
ママ達の中で生きていく為の 一種の知恵と言えばそうなんだけどね。

そう思えば 
詮索しまくりのママさん達って
口下手な私みたいなの相手に 
延々と会話し続ける事が出来るって意味で
すごい能力の持ち主です(笑)。

そうそう
「怒り新党」を観始めたきっかけは
この人が大好きだから。

ikarishintoh


夏目ちゃん♪


可愛くて どこか毒々しいところが好きです。

悩ましい「ママ友ワールド」

今週の「ホンマでっかTV」は
「女たちの裏の顔」がテーマでした。

凄い内容でしたねー。

幼稚園でのママ友ワールドは 確かに濃い!!
番組で紹介された例は
強烈なものばかりだったけど
あながち 嘘でもない。

昨日まで きゃっきゃ言いながらひっついていたママ同士が
口もきかないなんて事
珍しくなかったもん。

私は 幼稚園の頃に 仲良くしていたママは 2人だけで(少ない)
私を含めてみんな働いていたので
おうちに集まったりする事も あまりなかったです。

いま思えば いい距離感で付き合っていたのかも。

なので ドロドロしたママ友ワールドも
どこか 別の世界の出来事のような感じでした。対岸の火事的な・・・

しかし ほんとに 人間関係で病んでるママって多いんですよね。
だからといって
「だったら付き合わなきゃいいじゃない。」
って訳にもいかない。
それがママワールド。
どんなママでも お付き合いしなきゃいけない時もある
辛いけど それで 自分も磨かれる・・・と 思うしかないですよね。



子供は入学。母は独り(笑)。

いつの間にやら二月も中旬です。
春はもうすぐ。

この時期になると思い出すのは
遠い昔の 長男の小学校の入学式です。

それは 
 満開の桜の下ではしゃぐ新一年生の息子と  
 ひとりぼっちの私の姿(笑)。



私たち一家は 入学式の数か月前に
 そこへ 引っ越してきたばかり。
 顔見知りすらいない中での入学式でした。


その小学校は 田舎の割には人気の学区で 児童数も多く
当然ながら 周辺に保育園や幼稚園が沢山ありました。

中でも
そのうちの一つの大規模幼稚園からの入学児童が
新入学のうちの半数以上を占めていて つまり ほぼみんなが既に友達同士。

正門前での記念撮影も
スーツ姿のたくさんのママさんグループが固まって 何組も順番に撮影していました。

それを ひとり遠目でぽつーんと眺める私。

でも 寂しくなかったです。

だって もう慣れてるもん。

私は出産直前まで働いていて
近所にお友達もないまま出産後はパートに出ていたので
保育園や幼稚園でも はじめは知り合いゼロだったけど
何とかなりました。

そりゃ 初めは不安だったけど。

友達なんて 今いなくても大丈夫。 そのうちできるもんです。


ママ友を作ろうと焦るあまり
ヘンな人に捕まるよりは しばらく一人でいた方がいいのです。
ひとりの準備期間、孤独をしみじみと味わいながらも(笑)色んなママを観察して
「あの人エエなあ…」って人に
アタックすべし!

それに 常に誰かとつるんでいるより ひとりでいる方が
 声をかけられる可能性 大なんです。


巷では
「お友達のいないママは 一年生でPTA役員を引き受けるべき」
って意見が多いみたい。
私は お勧めしないですけど。

確かに役員やると 恐ろしいまでに人脈が広がります。
(私はもとPTA委員長←勿論くじ引きです
でも お友達作りの為に
いきなり そこまでの代償(役員仕事に忙殺)払わなくてもいいのでは。

(とにかく寂しくて すぐにお友達がいっぱい欲しい♪って人にはお勧めですが)

ただ うっかり「委員長」「班長」「学年リーダー」などの代表系になってしまい
イマイチ上手く進まなかったりして 他の委員会に迷惑かかっちゃったり
委員さんの中に ヘンな人がいて トラブルを起こしたりすると
「残念な人」としてデビューを果たしてしまい 名が知れ渡り 皆さんの記憶に残り
その先6年間を棒に振る可能性もあり…。

ママ達の世界は意外とシビア。
何の取り柄もなくても
教頭先生と親しかったり 担任に一目置かれていたり
沢山のお友達と上手にお付き合いしていて
噂話を沢山知っている
そういう人が 一番人気があるみたい。

私には どれもムリです(笑)。

でも そんな私でも それなりにお友達は出来ました。
だから 入学式を控えたいま 一人でも 焦らないで。

小学校は保育園や幼稚園と違って情報が少ないですから
上記のような 大人気ママ(笑)は情報源として上手に活用しつつ
心を許せるお友達との出会いを じっくり待ちましょう♪


苦行のオーガニックランチ

ママ友達とのランチは苦手です。
でも お誘いのうち 何回かに一回は 頑張って参加しています。


先日も行ってきました。

「有機野菜がウリのお店なのよね」とは聞いていたものの・・・。

驚きました。


野菜ばっかし。
それも 生野菜か 
または
なんか一時期流行った タジン鍋料理みたいな
蒸し野菜。

メインはお肉か魚が選べるというので
魚をチョイスしてみたものの

出てきたメインディッシュは
またもや野菜 野菜 野菜。しかも ほっくほくに蒸されて
へにょーんとしてる。(キャベツとか白菜が「くったくた」)
その ヘタレ野菜の下に
スズキの切り身がひとつ。(しかも 5センチくらい)

えっ…何コレ。

で 野菜はもちろん 魚にも 何の味も付いていないので
かわいい感じの小鉢に
「ポン酢」が添えられていました。
これを付けて食すものらしいのですが…

何だかなー・・・



デザートも モサモサした食感の お餅みたいな和菓子で
オーガニックコーヒーも やけに薄いし…

日頃から 我が家のワイルドメンズ(=大食らい)とガツ飯ばかり食べ慣れている私には
衝撃的な料理でした。



そうそう 
この店は ベジタリアンにも人気が高いとか。

でも ベジタリアンの方々は 何もこのような
「生野菜」や「蒸しただけ野菜」など
「味の薄い野菜」のみを食べてる訳じゃないんだから…

肉や魚の代わりに
がっつりタンパク質なんかも摂らなきゃいかん訳で
私の友人なんかは チキンナゲットに似せた「大豆ナゲット」なんかをよく作って食べてる。

日頃 野菜のみのベジタリアンに
このような精進料理よりも味が薄い料理が
人気って…
「ホンマか?」とも聞けず…

腹は一杯にならないわ
味は物足りないわ
餅はいまいちだわ
コーヒー薄いわ
久々の参加ながら 不完全燃焼したランチでありました。
とは言え、間違いなくヘルシーだし
本当は こーゆーの食べてた方が 体には良いんだよね。
体内浄化出来そうだ♪




って言うか 今こーゆーの流行ってんの?

      

         「ベジタリアン代表」

bill tom vogue _3


送別会ラッシュも終了です。

春は別れのシーズン。
転勤などで
引っ越しされるママ友達の送別会ラッシュが
やっと終わりました。

何回 参加したかなあ・・・ってぐらい行きました。
主に 昼間のランチだったから
金銭的にも参加しやすかったです。

しつこいですが
ママ友とのランチが超苦手
普段は 大体いつも お断りしている私ですが
さすがに「送別会」は がんばって参加しました。
薄情だと思われたくないからね~

参加してみると
なかなか 楽しかったです。

とはいえ ほとんどの場合
私は ママの皆さんの話を聞いてるだけですけどね。

だって
話題とか 
興味が 全く合わないから。
私って やっぱ変わってるから。仕方ないんだけど。

そう。もう慣れてます。

ママ達の話題の定番は

1 韓流
  (全くわからない)

2 仮面ライダー系イケメン
  (未だにオダギリジョーさんぐらいしか知らない・・・・・)

3 ママ達の 旦那さんの話
  (会った事もない旦那さんの話されても。自分の話はないのか?)

あとは
子供の話
よそのお宅の 噂話
学校の話
学校の先生のプライベートの話
(独身の先生はダメなのよ、等と言う失礼な決め付け)
などなど・・・・・



対して 私の興味の中心は

1 洋楽
  (RATTのウォーレンが一番だけど 
   今は TOKIO HOTELビルトムかな~
   主婦ファンがいてもいいのかしら~
   ダメだよねーやっぱ隠れファンを貫かなきゃ)

2 転職
  (仕事のない人生なんて。)  

3 ピアスをもう一つ開けようかどうしようかな~
  
 (既に3つ開けてるんだけど
   気分転換の為に もう一つ開けようかと思案中)


あ、合う訳ないよねこんな話題(汗)



ママ達って
とにかく 自分の話を聞いて欲しいんですよね。
「まっつーさん(私)って
 体育会系でサッパリしてるから 
 聞いてもらうとスッキリするのよ~」

とか
よく 言われます。

いや、こっちの話をする気がないから
必然的に うんうん、と 聞いてるだけ
なんだけど・・・。(笑)

と言う訳で
ランチのラッシュが完了して
ほっとしている私です。。。。。

ママ達とのランチでプチ修行です。

もうすぐ春。
春は 別れのシーズンですね。
転勤や引っ越しが決まり
子供たちは お友達との別れを惜しんで
一緒に遊びに行ったり
思い出作りに奔走しています。

そして 母である私に降りかかるのは・・・・・
そうです
ママ達との送別会ランチ。

ママ達とのランチが苦手で
お誘いがあっても いつも断っている私でも
「送別会」と名が付けば
断れないよー

だから
全てに出席中。(現在進行形ね)
今週も
来週も
来月まで 送別会ランチの予定がギッチリ入っています。
土地柄 このあたりは転勤されるかたが多いんですね。

お世話になったママばかりなので
出席するのは 当然なんだけど
やはり
この「ランチ」って言うの どうも私は苦手なんだよねー・・・
だって
奥様達って ランチだけじゃ絶対に帰らないんです。
「この次 どうする?」
って話になって
場所をカフェやファミレスなどに移して
仕切り直し。
とにかく長いんです。
帰りたいのに なかなか帰れない・・・(涙)

みんなの話題について行けない私は
ものすごく 時間が長く感じて 苦痛なんだよね・・・
しゃべるのも得意じゃないしねー
ほぼ いつも聞いてるだけ。(笑)

ま、だから
私って ママ友が少ないんだろうな~。

みんなの話題は
学校の話 先生の話 保護者のウワサ・・・ 

あんまり 興味ないんだもん。

とは言え
声をかけてもらえるうちが華
なんだよね。
そう思って
楽しむ事にしてます。
おいしいものも 食べられるしね!










 

ママ友達がいない人、今いなくても大丈夫だよ!~自然に友達ができるコツ

職場の後輩が
第一子を ご懐妊されたそうであーる。
おめでとう!!

んで 後輩が深刻な表情で
「私・・・ママ友達できますかねえ・・・。」
って。

出産にも育児にも 大して不安はないらしい。(若いもんねえ。さすがだよ)
そんな彼女の心配は ただひとつ
それはママ友。

うーん
やっぱり心配だよね そりゃそーだ。

しかし私は彼女に言った。
「ママ友がいなくても大丈夫だよ!!」

かく言う私も
ずっと これと言うママ友はいませんでした。
でも平気だったよ。
ま、本人の性格にもよるけど
ヘンなママ友に捕まるよりは 一人の方がラクな事は間違いない。

とは言え
ママ達って基本いつでもどこでも固まっているから
「私はひとりぼっちかも・・・」と
この後輩のように不安な気持ちになるのもわかる。



私の場合
まず 驚いたのは
出産で入院してみると
入院してるママ同士が みんな既にお友達だった事。

地域の個人病院なら「ご近所さんなのかな?」って思うけど
ここは総合病院。

不思議に思って聞いてみると
「母親学級で お友達になったのよねー」ですって。
ほほおおー
そう言う事ですか。

ここで言う「母親学級」とは 病院主催の勉強会。
出産を控えた妊婦さん達を 出産予定日ごとにグループ分けし
出産及び育児についての勉強を
数回に渡って行うもの。

予定日ごとに分けているのは
出産後入院した際に 学級で出来た友達と再会できるから。
要するに プレ「ママ友」作りの場なんですね。

出産直前まで仕事に行ってた私は
当然 母親学級に一度も行っていないので
ひとり ぽつーんとしていたけど
産卵後のサケのように
とにかく ゆっくりしたかったから
一人でも気にしてなかった。

それでなくても 四六時中 見舞いだのなんだので
せっかく赤ちゃんが眠っても
こっちは ぜんぜん寝れないんだよねー。
おしゃべりしてる暇があったら がっつり寝たいんだよーって状態だったから
一人でも平気でした。

しかし
中には そんなロンリーな私に気を使ってくれて
一緒に授乳行きましょうよ
だの
売店行きませんか?
だの
アドレス交換しましょうよ
だの
声をかけてくれるありがたいママも何人かいて
いつの間にか友達もできたけどね。

そしてそして
赤ちゃんと共に退院して
自宅であるアパートに戻ってきた私。

旦那は遅くまで仕事だし
親も兄弟も近所にはいないし
これまた近所に友達もいない私は
ここでもロンリー全開。

近所には子育て家庭が多く
近くの公園では一日中 子供の遊ぶ声や ママさんたちのおしゃべりの声が聞こえてきました。
次の関門は
そうです。
公園デビュー

・・・ま、普通に 一人(っつーか赤子と一緒だから一組か?)でデビューを遂げました。

もちろん知ってる人だれもいなかったけど
赤子抱いてりゃ
そのうち
「あら?何か月ですかあ?」とか
子供の話題で友達っぽいママもできるもんです。
中には
おうちに誘ってくれたり
乳児サロンに連れてってくれるママとかもいて
幼稚園やら保育園なんかの情報も教えてくれるから
ものすごーく助かりましたよ。
これが
子供が 生後3か月の時。

つまり私は 3か月間 真性のロンリーママであった訳ですな。

このように
全くママ友作りにやる気のない私でも なんだかんだで
いつの日か友達はできるのだ。
だからね
「友達作らなきゃ」ってがんばったり
焦ったりする必要ナッシング!



ほんで、自然に友達のできるコツですが
それは
自分の身なりをいつもキチンとしておく事だと思う。

忙しくても お化粧は必ずしようね。
服や髪型も もちろん。
着飾る必要はないけど いつも きちんとした印象を持たれるように
ちょっとだけ 努力しよう。

誰だって 一緒に歩くのが恥ずかしいような人とは 友達になりたくないですよね。
育児中だからって理由で あまりに構わない格好だと
声も かけてもらえないと思います。

あと
特定のママと いつも くっついていると
声 かけてもらえないよ。
あえて 一人で行動してみて~
必ず 輪が広がります。

そしてそして
「この人いいな」って人がいたら
いちいち挨拶してみよう。
人見知りで 誰かに話しかけるのが超苦手な私でも
この「しつこく挨拶」作戦はうまくいきました。


気負って ママ友をたくさん作る必要は 全くないと思うけど
情報交換の面でも 最低限のママ友は 必要。

日中 仕事で 
どうしたって家や幼稚園の事がわからない旦那よりも
同じ立場で
事情をよくわかってくれて
いつでも心強い味方になってくれる有り難い存在。それがママ友。

先の後輩にも
無理なく自然に任せて
楽しい子育てライフを送って欲しいです。


最後に
これは「一人でも特に苦にならない性格」である 私の持論であって
いつでもどこでもママ友達と密着していたいって人には
このヌルいやり方は不向き
ですので
お間違えのない様にお願いします。




恐怖の主婦ストーカー

大型連休も終わりましたね☆

連休中に本棚の整理をしていたら
子供が幼稚園の時の卒業アルバムが出てきました。
「か、かわいー♪(今とは別人♪)」なんて
ほくほくしながら見ていて
ページをめくる手が止まりました。

「そー君だあ・・・。」

私は この 「そー君」のママにストーカーされてたんですよねー
すっかり忘れてましたけど。

主婦が主婦をストーキング
なんて考えられないでしょ!?でもあるんです。
怖かったです。
私の行く先 
どこへでも彼女は現れましたし
幼稚園での行事の間も ずっと私を見つめてて
親しいママ友が
「また見てるよ・・・気持ち悪い」って言ってたぐらい。
うちのホームビデオをダビングしようとした事もあったんですよねー。
(↑ な、何で??)
未だに謎なんですよね。一体あたしの何がそんなに良かったのかなー?
普通の主婦なんだけど。

で、そろそろ 限界~
って思っていた頃
「そー君のママ」は二人目の子供さんを妊娠され
私へのストーカー行為はアッサリ終息したのでありました。めでたしめでたし。

ミョ~な思い出が蘇った そんな連休でした。

森ガール

いまだ 子供達は春休み。
最近 春休みでも「登校日」があるのですね。
ま、半ドンで あっと言う間に帰って来るのですが・・・・・
せっかく早起きさせて 家から叩き出すのですから
一日中 みっちり勉強でもさせて欲しいもんです。

さあーて そんなゆるーい春休み。
今日は「ママ友編」です。

この土地に引っ越してきてから 私たち母子は地域のママ友さん達にとても親切にしてもらっています。
このあたりの保護者さんが とにかく皆さん 明るくてフレンドリーなんです。

ママ友さん
色んな人がいますねー。
参観日など 保護者が集まる時に ついつい観察してしまいます。
気になる事も テンコ盛り。

まずは「森ガール」。
ママ友が3~4人集まれば 必ず一人は「森ガール」が います。
森ガールになる為の必須アイテムが10点ぐらいあるそうですねー。
ちなみに私は そのうち 一つも持っていません。(何だったかな・・・「モコモコしたカバン」とかだったかな?)

大きい子供さんがいるのに 若いママが多くて
森ガールも サマになってます。

ま、中には「何歳なんだ!」と言う 痛い森ガールも いますけどね。(誰か止めようよ)

年齢に見合ったおしゃれを楽しみたいですよね~
プロフィール

まっつーWD

Author:まっつーWD
RATTのWarren Demartiniを想い続けて○○年。Warrenに会える日をしつこく妄想し続ける主婦。家事、育児、仕事、どれをとっても残念な仕上がり。ママ友ランチは修行の場。


(近況)
ビールが美味しい季節です

⇒プロフィールはコチラ☆

FC2カウンター
最新記事
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2拍手記事別ランキング
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR